お絵描きセットを使い切る191

f:id:Uuu:20190420035425:plain:w500
東京ミュウミュウ(桃宮いちご)名前を思い出せる事に戦慄する。リボンをむすーんでー。歌まで歌えるからね。怖いね青山君。ストロベルベル。武器の名前まで知ってる。こわっ。技の名前まではさすがに出て来ない。
調べてみると、男版の東京ミュウミュウが連載されるそうである。「男」版の。絶対「女」とは言わないのにねこういう場合。こうやって「男」「女性」という表現が浸透し、誰も何の疑いも抱かず大人になる。そして「女」という表現を聞くと、「女性軽視!これだから”男”は!」と一発で自己矛盾する事を言う馬鹿が生まれるのだ。「男性となって帰って来た」にしましょうね。気持ち悪い表現だ。「男」は「男」でいいから、「女」も「女」でいいだろう。何女だけ女性だ女の子だ……。ただこの傾向は根強いものがある。軌道修正は難しいだろう。どちらかといえば「男」を「男性」に置き換える方向に進んでいるように思われる。だんせい、じょせい。嫌な響きだ。男!女!いいよね。「所詮この世は男性と女性」では語呂が悪い。語呂というのも大事な要素である。「だんせい」が「じょせい」より気持ち悪いのは、4文字だからだ。「じょせい」は3文字分で、「おんな」との互換性が高い。「だんせいとじょせい」は間延びしているのに対し、「おとことじょせい」は7文字で日本人としてしっくり来る。表現が不平等で気持ち悪いが、リズムは良いのだ。だからこの問題は、単純に男女差別というだけでは片付けられない複雑さがある。そこで提案する。「だんせい」という言い方をやめて、「なせい」にしよう。提案を撤回する。

お絵描きセットを使い切る190

f:id:Uuu:20190420035424:plain:w500
藍より青し(不明)
はいまた「PVが100を突破しました」だと。シンプルに言う。アホ。絶対アホ。アホアホアホ。意味がわからん。イライラする。アホ。世の中いらないものが多すぎる。特にネット。情報過多。うんこ。アホ。知る権利もあれば、知らされない権利もあるべきである。それを何だ、動画やイラストを公開すれば必ず閲覧数やいいねの数が晒される。通販サイトを見れば「他のお客様はこんなものを買っています」という知らんがな情報が表示される。買う事を既に決めている商品を手に取ってレジに行く途中にも、「これ評判悪いですよ」と大声で耳打ちして来る。わしゃそんな事聞きとうないんじゃ。
機械はこちらの求めた事だけやれ。指示をひたすら待ってろ。こちらが何も言わない内から余計な事をするな。いつPVを通知しろと言った?アクセス解析が標準で付いていて、こちらの意志でいつでもPV数を見られるのだ。見たい時に見る。今一度聞く。誰が通知しろと言った?いやそんな事は聞いていない。誰が通知しろと言ったのか、その一点だけ答えろというのだ。総理答えて下さい。総理が答えて下さい。

お絵描きセットを使い切る188

f:id:Uuu:20190420035422:plain:w500
不明(不明)
おっぱい病が深刻なレベルに達すると、サザエさんのおっぱいにも反応するようになる。興奮するという事ではない。ああ、おっぱいだなと意識するという事である。更に悪化すると、年齢や性別すら問わなくなる恐れがある。更にヒトかどうかも問わなくなり、最終段階に到達すると、盛り上がっているというだけで、たとえば富士山を見てもおっぱいを連想するようになると推測される。

お絵描きセットを使い切る187

f:id:Uuu:20190420035421:plain:w500
不明(不明)精神的に不安定だった可能性
障害報告 ムシャクシャして部屋の物を蹴り飛ばす。ただし壊れて都合の悪いものは全力で避ける ○2点

お絵描きセットを使い切る186

f:id:Uuu:20190420035420:plain:w500
ちょびっツ(不明)
駿河屋で初めて新商品の予約をする。駿河屋はあらゆる対応が遅いが、引き落としだけは迅速である。予約商品ですら例外ではなく、一か月先に発売する商品の代金すら注文直後に抜き取った。何という早業だろうか。これで発売日に届かなかったら、アテナエクスクラメーションを駿河屋本社に向けて放っても、聖闘士としての名誉に傷はつくまい。翌日メールが届く。「発売日にお客様のお手元に届く事を願い即日出荷いたします」。発売日に届くと明言する業者もある中、駿河屋は神頼みだった。要するに「届かなくても文句言うなよ。そもそも届くなんて言ってねえから」という事である。下手に出つつクレームを封じ込める。老獪な奴よ。戦場で最も出会いたくないのはこういう奴だ。なお一か月後、ちゃんと発売日に届いた。当たり前の事なのに褒めてやりたくなる。いや違うよ。当たり前だよ。

ふと思い出した

f:id:Uuu:20191202213832j:plain:w500
女の子なら奏(かなで)、男の子ならグロッケンJr.かな。別に子供というわけではないよ。まさか人様のキャラクターに子供を産ませるなんて事するわけじゃないですか。二次創作でもやって良い事と悪い事があるよ。

お絵描きセットを使い切る185

f:id:Uuu:20190420035419:plain:w500
あずまんが大王美浜ちよ)まずは前髪だろうか
Wikipediaに「現在」や「最近」と書いてしまう者は、ホームページの更新日にもきっと西暦を書かなかった。時間が刻一刻と過ぎているという感覚が欠けているからだ。文章は書いた瞬間に古くなっていくという事がわかっていない。2015年の「最近」「現在」は、2019年ではもうそのどちらでもない。

お絵描きセットを使い切る184

f:id:Uuu:20190420035418:plain:w500
あずまんが大王(榊)とりあえず輪郭
駿河屋にはタイムセール中になると品切れになり、タイムセールが終わった途端在庫が復活する商品が多数存在する。何がしたいのか全くわからない。

お絵描きセットを使い切る183

f:id:Uuu:20190420035417:plain:w500
不明(不明)これもおねがいかも知れない
美少女系のイラストには「関節を赤く塗る」という手法がある。ほんのりではなく、しっかり赤く塗る。あれが好きではなかった。最近はあまり見なくなった。

お絵描きセットを使い切る182

f:id:Uuu:20190420035416:plain:w500
おねがいティーチャー(不明)
立ち読みしやすいスーパーがある。他人にとってもそうらしく、いつ行っても立ち読みおばさん並びに立ち読みおじさんがいる。立ち読みには作法がある。短時間で速やかに切り上げる事である。書店ならいざ知らず、スーパーマーケットにおいて立ち読みなど長くても3分だろう。理想は30秒程度だ。立ち読みとは買うかどうか検討するための試し読みであって、金を払わずに情報を得ようとするのは盗み読みである。立ち読み中年にはそういった事に関して遠慮がない。一回りして時間を潰してもまだ同じのがいる。立ち読み自体褒められた行為ではない。せめてやましい事をしているのだという自覚を持って欲しい。そして立ち読みをした場合は、どんなものでもいいから何か買う。それが作法である。本当にそれをやると、間違いなく「あいついつも立ち読みした後申し訳程度に100円のパン買っていくよな」などと店員に見透かされている。立ち読み100円パンおじさん、略して立ちパンなどと陰で言われている。そしてどのパンを買うか賭けられている。

お絵描きセットを使い切る181

f:id:Uuu:20190420035415:plain:w500
不明(不明)
バーバパパ」というキャラクターは、「バーバ」の父親だと思っていた。そんなキャラクターはいなかった。バカボンのパパにはバカボンという息子がいる。ムーミンパパにはムーミントロールという息子がいる。ならばバーバパパにバーバという息子がいるという推理は極めて自然である。だから私は間違っておりません。

零 ~月蝕の仮面~ 45日目

+30分
クリアする。灯台に入る前と戦う奏が面倒くさかった。イージーとは思えないほど怨霊がタフである。霊は壁をすり抜けるから嫌いだ。生前の思いに囚われている割には、物質をすり抜けるという生前できなかった事をやる。どこが縛られてんだよ。羽ばたいてんじゃねえかよ。
灯台での親父3連戦は強く記憶している。何を考えてこんな構成にしたのかわからない。出過ぎだろういくらなんでも。ピアノに備え、セーブポイントまで一旦戻る。前回のピアノにも苦戦した。ピアノに3回連続で失敗すると、倒したはずのボスが復活する。弟子との戦いで鏡石も失ったから、復活イコールゲームオーバーという事もあり得る。通常攻撃ではあまりダメージを与えられないが、強化フィルムを使うとどんな敵もだいたい一発で倒せた。ピアノも失敗せず、無事エンディングを迎える。
イージーモードのため、スライドショーはなかった。多分ここで麻生が生還する描写があったはずだ。
ストーリーを理解するため、霧島の事件調査記録を見る事にする。???だらけだった。他のファイルと違って、次のプレイに持ち越されないようだ。ナイトメアモードの終盤のデータをロードしても同じだった。1周目のデータが一番充実している。しかしそれでもちらほらと???がある。ハードモードあたりで全部見られるようにしたはずだ。だがそんな事も忘れ、ナイトメアモードなどのセーブで上書きしてしまったのだろう。今更これを見るために攻略サイトを見ながらプレイするのはいやだ。ネットにないか探すが見当たらない。見当たれよ。手帳内の文章を検索する。0件だった。存在しないという事である。存在しろよ。
死んだはずの刑事が流歌の年齢を17歳と把握している事がどうしても納得できないが、その辺は考えても仕方がないのだろう。
また亞夜子が耀と朔夜の子供であるという考察があると今更知る。耀が自分に似てと言っていたり、亞夜子に名字がないのが不自然だとか、灰原家に保護されている、事件の前に自殺した院長の妻が生んだにしては多分計算が合わない、亞夜子の最期の手記に「おかあさん」と書かれている事などがその根拠だそうである。ははん。言っておくが自分は亞夜子の「おかあさん」など、よくある今わの際の言葉としか解釈してなかった。読解力の鬼だから。耀の「自分に似て」という記述はどう思ったのか?いや、親戚でも似てるとかって話になる事あるじゃん。隔世遺伝とかあるし。そういうノリで、亞夜子がどこの誰の子なのかは「灰原家の子」以上には考えてなかった。耀が姉と亞夜子の3人で暮らすつもりだったという事についても、「仲のいい親戚だなあ」としか受け取っていない。読解力の鬼とはそういう思考回路をしているのである。恐れ入ったか。
エアリスが売春婦だとかリノア=アルティミシアだとか、そういう盛り上がったもん勝ちみたいな珍説は嫌いだが、これは珍説と言うのは苦しいかも知れない。あとあれ。亞夜子が無苦の日の後に生還している事も知らなんだね。生き残りの少女というのが亞夜子だそうである。
でもどうだろうか。他の零シリーズでは、そこまでストーリーを把握していないという事はなかったはずだ。本編で語られない事が多すぎるのではないだろうか。本編にしても、結局月蝕の仮面って何やねんとか、どういう儀式やねんとか、そういった部分は他のシリーズより理解が難しいだろう。紅い蝶などシンプルである。穴を封印するために双子で儀式やらんといけん。双子の一人逃げよった。残った一人で儀式やったけんど失敗してもた。わかりやす。月蝕はまず儀式が何のために行われるもので、主人公は何のために島に帰ったのかという点からして、一言で説明できない。一言で説明しなきゃならんのかと言われると困るが、シンプルであればあるほど理解はしやすい。
ところで、親父は戦闘中、「儀式には面が必要なのだ」と連呼する。それを「日清には麺が必要なのだ」と言い換えるツイッタラを見かける。「麺が必要なのだ」はわかる。ただ「日清」と「儀式」は全然違うやないか。1ミリも掛かってない。自分の感覚からすると「儀式には麺が必要なのだ」の方が絶対面白い。少なくとも「日清には」という無理矢理な言葉を付け足すよりは。あと日清は麺以外にも手広くやってますので、麺がなくても大丈夫だから。君達はどの日清が好きかな?ぼくは日清シスコかな。

零 ~月蝕の仮面~ 44日目

+30分
11章クリア。弟子との戦いにイライラする。何だあいつ。アホなのか。ストーリーにほとんど関わってないのになんで強いの。そんなところで存在意義をアピールしようとしなくていい。越谷太郎か。ちょっと高度過ぎる比喩だから説明すると、とっても!ラッキーマンという漫画において、ヒーロー達をたった一人で全滅させた越谷太郎という敵が登場する。ストーリーには深く関わっていないが、強さだけで圧倒的な存在感を示したのである。

零 ~月蝕の仮面~ 43日目

+30分
10章をクリアする。刑事ルートで儀式を司る当主と戦う事を思い出す。影が薄いのはストーリー上の存在感も薄い上、さほど強くもないからだろう。元々理解していたかは疑問だが、改めてプレイするとまたストーリーがわからなくなった。結局刑事や耀がいつ死んだのかよくわからない。無苦の日に島から離れていた者達が皆死んだとするなら、刑事の手帳に流歌が17歳と書いているのはおかしい。
11章で弟子を一発しばいたところで中断する。終わりが近いとはいえ、移動距離も長く戦闘も多かったような記憶がある。気力が沸かない。ゲームに対する意欲は、もはや新規ゲームに対してしか沸いてこないらしい。贅沢な話だ。