お絵描きセットを使い切る105

f:id:Uuu:20190420035259:plain:w500
まほろまてぃっくまほろ
クレヨンを使い切ったらしい。
「まる」と変換して漢数字の〇が出て来るのは恐ろしく鬱陶しく、これで誰が幸せになっているのか理解できないのだが、出て来なくする方法はないようだ。○と〇を瞬時に見極められるのが普通か?悲劇しか生まない。

ライブ映像で客席を映す演出(お絵描きセットを使い切る103)

f:id:Uuu:20190420035257:plain:w500
この醜くも美しい世界(不明)
コンサートや歌手、芸人などのライブ映像では、頻繁に客席を映す。意味がわからないし、極めて不快だ。ショーを目的に見ているのに、何故ショーを見ている一般人の姿を見せられなければならないのか。あれは作り手側の自己満足、エゴではないのか。「こんなにも楽しんでもらってますよ」と言いたいがための。
ゲームセンターCXの幕張メッセでのライブ映像を見た。予想していた通り、やたらと知らない人達の姿を映している。プロのタレントの人をはじめとする、プロの興行を見たいにもかかわらずだ。短時間に何回映しているんだ、イライラする。だから武道館の映像にしても、一度も見返した事はない。客の姿が不快だからだ。こいつらは一体誰?横寺さん?田原くん?なんで村松がはしゃいでる姿を見なければならないの?それを見てどう反応するのが正解なのか。
おかしな話である。実際にライブに行った内田や樋口は、別に村松や横寺の姿など見ていない。参加者はショーしか見ていない。ショーが目的だからだ。歌手なりタレントなり楽団なりが目的だからである。誰も隣の客の姿なんか見ていないし、まして遠く離れた客の姿になど興味がない。
視聴者がライブに参加しているような感覚にさせるためという理由だとすれば、片腹痛い。ただ実際Twitterを見ていると、客席を映す演出について、「臨場感」だの「一体感」だのといった言葉で評価する意見をちらほら見かける。理解できない。必要なのはショーの中身そのものであり、臨場感ではない。
そもそも臨場感とは何なのか?先述した通り、ライブ参加者は他の客の姿など見ていない。前の客の頭が見えるくらいだ。実際の参加者すら見ていないものを見せられて生じる臨場感というものは何なのだ。一体感もそうだ。他の客の顔をチラチラ見て得られるものだとは思わない。臨場感だの一体感だの、そんなものは歓声だけで十分だ。顔など見たくない。興醒めする。どんな理屈をこねようが、「実際の参加者は他の参加者を見ていないし、見ていたら不審者」という事実が全てを物語っている。ゲームセンターCXは繰り返し見ているが、当然ながらこの幕張メッセの映像も二度は見ない。でも大好き。

お絵描きセットを使い切る104

f:id:Uuu:20190420035258:plain:w500
この醜くも美しい世界(不明)
本当はこんな髪の色ではないはずだ。
同じ事を言うが、はてなブログのPV通知いらねえ。何故何を通知して何を通知しないかという選択肢が与えられないのだろう。全然いらんインフォメーションだ。何故いると思ったのか知りたい。毎月いちいち100突破しました1000突破しました10000突破しましたと言って来る。親切心の逆効果って知ってっか。余計なお世話とも言う。累計PVならまだいいよ。一度切りだから。1ケタ増えるごとに言うくらいならいいさ。毎月毎月……。一年で36回言われる。突破しました突破しました突破しましたと。突破という言葉を軽々しく使うな。そんな簡単な事じゃないんだ突破は。限界を超えた時に初めて使う言葉だ。毎月3回もできるような事を突破と表現してはいけない。じゃあ店長に報告してみろよ。「店長!今月の売り上げが100円を突破しました!」「店長!今月の売り上げが1000円を突破しました!」「店長!今月の売り上げが1万……」そんな事言ってたらしばかれるよ。パワハラはダメだよ。ごめんね、ありがとう。大好き。

お絵描きセットを使い切る101

f:id:Uuu:20190420035255:plain:w500
不明(不明)
またゲームプレイ日記のストックが枯渇した。残る記事のストックはあれの感想のみのため、またこの緊急用の記事で日数を稼ぐ事にする。200番まで一気に投稿しようとしたところ、24時間に投稿できる記事の上限に達成したとかで、途中で投稿できなくなった。一日100件しか投稿できないという。意味不明なのは、実際に投稿した記事だけではなく、下書きの記事さえ100件に含まれるという事だ。公開非公開問わず制限を設ける意味もわからないし、それが100件という少なさの意味もわからない。何と当初は10件だったというのだから呆れる。100件でも恐ろしく少ないが、10件など論外だ。20年前の個人サイトですら、ファイル送信数の制限などなかっただろう。容量制限があったとしても、記事数の制限などナンセンスだ。何万何百万という記事を投稿して怒られるならともかく、たった100件という数値にいかなる根拠があるのか。
制限はスパム対策のためだという。スパム対策のために、スパム以外を排除していい合理的根拠がどこにあるんぞ?ブログの更新のスタイルは人それぞれである。律儀に毎日編集画面を開いてその場で書く者もいれば、記事を予めストックしておき、それを順次公開していくスタイルだっていい。認められるべきだ。自由だ。一日100件ではそれが認められないという事だ。制限を設けるにしても、普通の使い方をしていたらまず超えない数を設定するべきだろう。100件が異常なのだろうか。下書きも含めて100件が異常なのか。そもそもスパムというものが件数で防げるものなのかも怪しいし、防げるにしても100件では善良なユーザーへのとばっちりも大きい。でも大好きだよ*1

*1:批判の最後にポジティブな文章を挿入する事で印象を和らげる狙い

ロックマンゼロ3 8日目

+30分
4の2周目をプレイしていたが、何故そんな事をやっているのかわからなくなった。イージーモードでプレイする。3の最初からだった。半分ほど進んだところで、「もうこのゲームは良いだろう」の波に襲われプレイ続行が不可能になった。まだやり尽くしていない、ここでやめるのはもったいないと思っていた。だが良いだろうと思い始めるとダメだ。続けられない。

ロックマンゼロ4 7日目

+1時間
ボスとの再戦は前回ほど苦戦せず突破できた。何回かは死んでいるが、増えたライフで無理矢理勝った。ライフが増えると動きがどうしても散漫になる。
バイル戦。第1形態はノーダメージでは倒せないものの、負けるという事はまずない。問題は第2形態だ。ほとんどの攻撃を避けられない。特に極太レーザーはさっぱりだ。レーザーを照射しながら上下に移動する。画面の一番下まで移動して来る。避けようがない。ペガサスのボスも、他のシリーズでもそういった攻撃をしてくる敵が多かった。どうしろというのか?
どうやら一瞬低姿勢になるダッシュを利用するしかないようだ。クラフトのレーザーもそうやって避けるらしい。高度な操作を要求するものだ。ゲームをやらない者にとっては、Bボタンを押しながら右を押し続け、更にAボタンでジャンプするという行為ですら複雑過ぎてできないというのに。低姿勢になるのは一瞬で、ダッシュすれば当然敵に近づいてしまう。敵とレーザーに当たらないようにタイミングを見計らってダッシュする?高度過ぎる。
そしてバイルは不死を謳いながら、弱点をカバーでかばっている。相手が攻撃する前後の一瞬しかカバーは開かない。120秒の制限時間など関係ない。どうせその前にやられる。7くらいあった残機がどんどん減っていく。与えられるダメージもほとんど増えない。

残機が3くらいになった時点でサブタンクを使い、ギリギリで勝つ。攻撃をほとんど避けていないから、勝った気はしない。サブタンクを1つ使うだけでもこうなのだから、4つ使って勝ったって何の達成感もないだろう。だがロックマンにせよXシリーズにせよ、そういう勝ち方をしてきた。ロックマン7ではワイリーカプセルにE缶4つ使っても勝てない事があった。Xシリーズも3辺りはサブタンク4つ使う事があったと思う。それで達成感がないかといえば、そんな事はなかった。
何故このゲームでは手ごたえを感じないのか?そこまでの強さではないからか、昔と考え方が変わったのか。X3はともかく、ワイリーカプセルはある程度攻撃を避けられないと、E缶を4つ使おうと勝てない。バイルはほとんど避けなくても勝てた。その違いかも知れない。
バイル、ゼロはラグナロクと共に地球に落下し、ゼロは生死不明となった。ネオ・アルカディアも消滅し、平和を乱す要素は今のところない。本家やXと違ってストーリーがしっかり完結している。続編がない限りは、ゼロも消滅したと考えるべきだろうと思う。歴史の繋がりがある作品はまだあるようだが、そこまで追いかけようとは思わない。
とりあえずゼロシリーズは全て終わった。ハードモードはやらないが、ノーマルモードでもう少し全シリーズをプレイした方が良い気はする。このままやめるには惜しい。ただこのゲームのやりこみとなると、ステージを最小限のダメージで敵をあまり倒さず素早くクリアするという事になって来る。ストレスが溜まりそうだ。

2周目を20分ほどプレイする。パーツやエルフのレベルなどを継承している。8ボスのステージをクリアしても、エルフのキャパシティが上がらない。8が最大という事はないと思うが、上がる条件がわからない。ランクは辛うじてAをキープしている。恐らく一定以上のランクのままボスを倒すと必殺技が手に入る。ランクが低いと、その周では必殺技がないままという事だ。
ランクの基準はクリアタイム、ダメージを受けた量、敵を倒した数、そのステージをより不利な天候でクリアしたかどうか、エルフを強化し過ぎかどうかなどの要素で変わる。敵は倒し過ぎると評価が下がる。単純にタイムだけならまだしも、色々と気分よくプレイできない要素が多い。
敵をいち早く倒せばダメージは少なくなるが、倒し過ぎれば評価が下がり、倒さないとダメージ量が増える。スカッとしない仕様だ。ランクが変わるだけなら自己満足だが、それで必殺技が手に入ったりという事になると事情が変わって来る。現に最初のプレイでは2,3個しか武器が手に入らず、半端にしか手に入っていないからか使う気にもならなかった。

今週も間延びしているドラゴンボールZ目次

今週も間延びしているドラゴンボールZ #1
今週も間延びしているドラゴンボールZ #2
今週も間延びしているドラゴンボールZ #3
今週も間延びしているドラゴンボールZ #4
今週も間延びしているドラゴンボールZ #5
今週も間延びしているドラゴンボールZ #6
今週も間延びしているドラゴンボールZ #7
今週も間延びしているドラゴンボールZ #8
今週も間延びしているドラゴンボールZ #9
今週も間延びしているドラゴンボールZ #11
今週も間延びしているドラゴンボールZ #12
今週も間延びしているドラゴンボールZ #13
今週も間延びしているドラゴンボールZ #14
今週も間延びしているドラゴンボールZ #15
今週も間延びしているドラゴンボールZ #16
今週も間延びしているドラゴンボールZ #17
今週も間延びしているドラゴンボールZ #18
今週も間延びしているドラゴンボールZ #19
今週も間延びしているドラゴンボールZ #20
今週も間延びしているドラゴンボールZ #21~23
今週も間延びしているドラゴンボールZ #24
今週も間延びしているドラゴンボールZ #25
今週も間延びしているドラゴンボールZ #26
今週も間延びしているドラゴンボールZ #27
今週も間延びしているドラゴンボールZ #28
今週も間延びしているドラゴンボールZ #29
今週も間延びしているドラゴンボールZ #30
今週も間延びしているドラゴンボールZ #31~33
今週も間延びしているドラゴンボールZ #34~36
今週も間延びしているドラゴンボールZ #37
今週も間延びしているドラゴンボールZ #38、39
今週も間延びしているドラゴンボールZ #40
今週も間延びしているドラゴンボールZ #41
今週も間延びしているドラゴンボールZ #42
今週も間延びしているドラゴンボールZ #43
今週も間延びしているドラゴンボールZ #44
今週も間延びしているドラゴンボールZ #45
今週も間延びしているドラゴンボールZ #46
今週も間延びしているドラゴンボールZ #47
今週も間延びしているドラゴンボールZ #48
今週も間延びしているドラゴンボールZ #49
今週も間延びしているドラゴンボールZ #50
今週も間延びしているドラゴンボールZ #51
今週も間延びしているドラゴンボールZ #52
今週も間延びしているドラゴンボールZ #53
今週も間延びしているドラゴンボールZ #54
今週も間延びしているドラゴンボールZ #55
今週も間延びしているドラゴンボールZ #56
今週も間延びしているドラゴンボールZ #57
今週も間延びしているドラゴンボールZ #58
今週も間延びしているドラゴンボールZ #59
今週も間延びしているドラゴンボールZ #60
今週も間延びしているドラゴンボールZ #61
今週も間延びしているドラゴンボールZ #62
今週も間延びしているドラゴンボールZ #63
今週も間延びしているドラゴンボールZ #64
今週も間延びしているドラゴンボールZ #65
今週も間延びしているドラゴンボールZ #66
今週も間延びしているドラゴンボールZ #67
今週も間延びしているドラゴンボールZ #68
今週も間延びしているドラゴンボールZ #69
今週も間延びしているドラゴンボールZ #70
今週も間延びしているドラゴンボールZ #71
今週も間延びしているドラゴンボールZ #72
今週も間延びしているドラゴンボールZ #73
今週も間延びしているドラゴンボールZ #74
今週も間延びしているドラゴンボールZ #75
今週も間延びしているドラゴンボールZ #76
今週も間延びしているドラゴンボールZ #77
今週も間延びしているドラゴンボールZ #78
今週も間延びしているドラゴンボールZ #79
今週も間延びしているドラゴンボールZ #80
今週も間延びしているドラゴンボールZ #81
今週も間延びしているドラゴンボールZ #82
今週も間延びしているドラゴンボールZ #83
今週も間延びしているドラゴンボールZ #84
今週も間延びしているドラゴンボールZ #85
今週も間延びしているドラゴンボールZ #86
今週も間延びしているドラゴンボールZ #87
今週も間延びしているドラゴンボールZ #88
今週も間延びしているドラゴンボールZ #89
今週も間延びしているドラゴンボールZ #90
今週も間延びしているドラゴンボールZ #91
今週も間延びしているドラゴンボールZ #92
今週も間延びしているドラゴンボールZ #93
今週も間延びしているドラゴンボールZ #94
今週も間延びしているドラゴンボールZ #95
今週も間延びしているドラゴンボールZ #96~97
今週も間延びしているドラゴンボールZ #98
今週も間延びしているドラゴンボールZ #99
今週も間延びしているドラゴンボールZ #100
今週も間延びしているドラゴンボールZ #101
今週も間延びしているドラゴンボールZ #102
今週も間延びしているドラゴンボールZ #103
今週も間延びしているドラゴンボールZ #104
今週も間延びしているドラゴンボールZ #105
今週も間延びしているドラゴンボールZ #106
今週も間延びしているドラゴンボールZ #107
今週も間延びしているドラゴンボールZ #108
今週も間延びしているドラゴンボールZ #109
今週も間延びしているドラゴンボールZ #110
今週も間延びしているドラゴンボールZ #111
今週も間延びしているドラゴンボールZ #112
今週も間延びしているドラゴンボールZ #113
今週も間延びしているドラゴンボールZ #114
今週も間延びしているドラゴンボールZ #115
今週も間延びしているドラゴンボールZ #116
今週も間延びしているドラゴンボールZ #117
今週も間延びしているドラゴンボールZ #118
今週も間延びしているドラゴンボールZ #119
今週も間延びしているドラゴンボールZ #120
今週も間延びしているドラゴンボールZ #121
今週も間延びしているドラゴンボールZ #122
今週も間延びしているドラゴンボールZ #123
今週も間延びしているドラゴンボールZ #124
今週も間延びしているドラゴンボールZ #125
今週も間延びしているドラゴンボールZ #126
今週も間延びしているドラゴンボールZ #127
今週も間延びしているドラゴンボールZ #128
今週も間延びしているドラゴンボールZ #129
今週も間延びしているドラゴンボールZ #130
今週も間延びしているドラゴンボールZ #131
今週も間延びしているドラゴンボールZ #132
今週も間延びしているドラゴンボールZ #133
今週も間延びしているドラゴンボールZ #134
今週も間延びしているドラゴンボールZ #135
今週も間延びしているドラゴンボールZ #136
今週も間延びしているドラゴンボールZ #137
今週も間延びしているドラゴンボールZ #138
今週も間延びしているドラゴンボールZ #139
今週も間延びしているドラゴンボールZ #140
今週も間延びしているドラゴンボールZ #141
今週も間延びしているドラゴンボールZ #142
今週も間延びしているドラゴンボールZ #143
今週も間延びしているドラゴンボールZ #144
今週も間延びしているドラゴンボールZ #145
今週も間延びしているドラゴンボールZ #146
今週も間延びしているドラゴンボールZ #148
今週も間延びしているドラゴンボールZ #149
今週も間延びしているドラゴンボールZ #150
今週も間延びしているドラゴンボールZ #151
今週も間延びしているドラゴンボールZ #152
今週も間延びしているドラゴンボールZ #153
今週も間延びしているドラゴンボールZ #154
今週も間延びしているドラゴンボールZ #155
今週も間延びしているドラゴンボールZ #156
今週も間延びしているドラゴンボールZ #158
今週も間延びしているドラゴンボールZ #159
今週も間延びしているドラゴンボールZ #160
今週も間延びしているドラゴンボールZ #161
今週も間延びしているドラゴンボールZ #162
今週も間延びしているドラゴンボールZ #163
今週も間延びしているドラゴンボールZ #164
今週も間延びしているドラゴンボールZ #165
今週も間延びしているドラゴンボールZ #166
今週も間延びしているドラゴンボールZ #167
今週も間延びしているドラゴンボールZ #168
今週も間延びしているドラゴンボールZ #169
今週も間延びしているドラゴンボールZ #170
今週も間延びしているドラゴンボールZ #171
今週も間延びしているドラゴンボールZ #172
今週も間延びしているドラゴンボールZ #173
今週も間延びしているドラゴンボールZ #174
今週も間延びしているドラゴンボールZ #175
今週も間延びしているドラゴンボールZ #176
今週も間延びしているドラゴンボールZ #177
今週も間延びしているドラゴンボールZ #178
今週も間延びしているドラゴンボールZ #179
今週も間延びしているドラゴンボールZ #180
今週も間延びしているドラゴンボールZ #181
今週も間延びしているドラゴンボールZ #182
今週も間延びしているドラゴンボールZ #183
今週も間延びしているドラゴンボールZ #184
今週も間延びしているドラゴンボールZ #185
今週も間延びしているドラゴンボールZ #186
今週も間延びしているドラゴンボールZ #187
今週も間延びしているドラゴンボールZ #188
今週も間延びしているドラゴンボールZ #189
今週も間延びしているドラゴンボールZ #190
今週も間延びしているドラゴンボールZ #191
今週も間延びしているドラゴンボールZ #192
今週も間延びしているドラゴンボールZ #193
今週も間延びしているドラゴンボールZ #194
今週も間延びしているドラゴンボールZ #195
今週も間延びしているドラゴンボールZ #196
今週も間延びしているドラゴンボールZ #197
今週も間延びしているドラゴンボールZ #198
今週も間延びしているドラゴンボールZ #199
今週も間延びしているドラゴンボールZ #200
今週も間延びしているドラゴンボールZ #201
今週も間延びしているドラゴンボールZ #202
今週も間延びしているドラゴンボールZ #203
今週も間延びしているドラゴンボールZ #204
今週も間延びしているドラゴンボールZ #205
今週も間延びしているドラゴンボールZ #206
今週も間延びしているドラゴンボールZ #207
今週も間延びしているドラゴンボールZ #208
今週も間延びしているドラゴンボールZ #209
今週も間延びしているドラゴンボールZ #210
今週も間延びしているドラゴンボールZ #211
今週も間延びしているドラゴンボールZ #212
今週も間延びしているドラゴンボールZ #213
今週も間延びしているドラゴンボールZ #214
今週も間延びしているドラゴンボールZ #215
今週も間延びしているドラゴンボールZ #216
今週も間延びしているドラゴンボールZ #217
今週も間延びしているドラゴンボールZ #218
今週も間延びしているドラゴンボールZ #219
今週も間延びしているドラゴンボールZ #220
今週も間延びしているドラゴンボールZ #222
今週も間延びしているドラゴンボールZ #223
今週も間延びしているドラゴンボールZ #224
今週も間延びしているドラゴンボールZ #225
今週も間延びしているドラゴンボールZ #226
今週も間延びしているドラゴンボールZ #228
今週も間延びしているドラゴンボールZ #230
今週も間延びしているドラゴンボールZ #231
今週も間延びしているドラゴンボールZ #232
今週も間延びしているドラゴンボールZ #233
今週も間延びしているドラゴンボールZ #234
今週も間延びしているドラゴンボールZ #235
今週も間延びしているドラゴンボールZ #236
今週も間延びしているドラゴンボールZ #237
今週も間延びしているドラゴンボールZ #238
今週も間延びしているドラゴンボールZ #239
今週も間延びしているドラゴンボールZ #240
今週も間延びしているドラゴンボールZ #241
今週も間延びしているドラゴンボールZ #242
今週も間延びしているドラゴンボールZ #243
今週も間延びしているドラゴンボールZ #244
今週も間延びしているドラゴンボールZ #245
今週も間延びしているドラゴンボールZ #246
今週も間延びしているドラゴンボールZ #247
今週も間延びしているドラゴンボールZ #248
今週も間延びしているドラゴンボールZ #249
今週も間延びしているドラゴンボールZ #250
今週も間延びしているドラゴンボールZ #251
今週も間延びしているドラゴンボールZ #252
今週も間延びしているドラゴンボールZ #253
今週も間延びしているドラゴンボールZ #254
今週も間延びしているドラゴンボールZ #255
今週も間延びしているドラゴンボールZ #256
今週も間延びしているドラゴンボールZ #257
今週も間延びしているドラゴンボールZ #258
今週も間延びしているドラゴンボールZ #259
今週も間延びしているドラゴンボールZ #260
今週も間延びしているドラゴンボールZ #261
今週も間延びしているドラゴンボールZ #262
今週も間延びしているドラゴンボールZ #263
今週も間延びしているドラゴンボールZ #264
今週も間延びしているドラゴンボールZ #265
今週も間延びしているドラゴンボールZ #266
今週も間延びしているドラゴンボールZ #267
今週も間延びしているドラゴンボールZ #268
今週も間延びしているドラゴンボールZ #269
今週も間延びしているドラゴンボールZ #270
今週も間延びしているドラゴンボールZ #271
今週も間延びしているドラゴンボールZ #272
今週も間延びしているドラゴンボールZ #273
今週も間延びしているドラゴンボールZ #274
今週も間延びしているドラゴンボールZ #275
今週も間延びしているドラゴンボールZ #276
今週も間延びしているドラゴンボールZ #277
今週も間延びしているドラゴンボールZ #278
今週も間延びしているドラゴンボールZ #279
今週も間延びしているドラゴンボールZ #280
今週も間延びしているドラゴンボールZ #281
今週も間延びしているドラゴンボールZ #282
今週も間延びしているドラゴンボールZ #283
今週も間延びしているドラゴンボールZ #284
今週も間延びしているドラゴンボールZ #285
今週も間延びしているドラゴンボールZ #286
今週も間延びしているドラゴンボールZ #287
今週も間延びしているドラゴンボールZ #288
今週も間延びしているドラゴンボールZ #289
今週も間延びしているドラゴンボールZ #290
今週も間延びしているドラゴンボールZ #291

ロックマンゼロ4 6日目

+1時間
クラフトがボスだったステージで残機を増やす。9にして挑む。どのボスも強化されている。絶対こんなに強くなかった。再戦ボスを強くすんなや。ルール違反だ。俺ルールブックに書いてるだろ。熟読しとけ。なんかなぁ?属性武器もほとんどねーしサブタンクもねーしパーツも何も増えてないし。やる気が出ない。なんでこんなよくわかんねーシステムにしたのか?ロックマンやXシリーズのシンプルさを見習うべきだ。Xは4までの話だ。
ボコボコやられながらもボスを倒していく。残機が9あると少々の事では全滅しない。最初は勝てないボスも2戦目では何とか勝てるようになる。当初はアホかと思った蜂のボスも、日向はあまり気にせず強引に攻撃を浴びせて勝った。残機を5くらい減らしはしたが、何とか突破する。これで一旦ステージクリアにならないかと期待したものの、やはり更にステージが続いた。

ボスはバイルだった。ラグナロクにネオアルカディアが攻撃されていたらしい。そんな展開もあったような気がする。元人間だがロボットに改造され、ダメージを受けても自動的に修復して死なない体になって永遠の責め苦を受けていたとか何とかいう話だった。人格をプログラム化したとかいう話が出たが、多分その段階で本人は死んでる。今苦しんでいるのはコピーだ。コピーは人間時代の記憶もあるのだろうし、人間の延長線上に今の自分があると思っているのだろう。それは間違いではない。ただ人間のバイルは死んでいる。
声が青野武氏だった。ロックマンシリーズの悪役といえばとにかく青野氏だった。調べたら違っていた。嘘や。じゃあ声優で安易に結びつけるわけにはいかなくなった。悪の科学者といえど、ワイリーはロックマンシリーズではどこか憎めない設定だった。それがロボットに改造されて苦しみ続けているというのは世界観に合わない。そうかも知れないという程度に留めているのか、決定的な事実があるのか。ストーリーを理解していないし、エンディングも見ていない。
攻撃が緩やかだった。嫌な予感がしながらも2回目に勝つ。ステージが終わる事を祈ったが、無駄だった。案の定第2形態があった。しかも勢い任せで勝てるような感じではない。とにかく攻撃の避け方がわからない。負ければ第1形態からとなる。あまりに厳しすぎる。間違いなくゼロシリーズで一番難しい。ボスと8連戦した後最終ボスという構成が酷過ぎる。
さすがにこれは回復手段が何もない状況で勝てるわけがない。ボディパーツが全くないのもおかしい。本来ならサブタンクの1つや2つ持っているか、防御力が上がっている筈だ。何にもない。だから余計やる気が損なわれる。これはさすがに攻略サイトを見ないとやってられない。こんな何も整っていない状況が続くのはストレスだ。

攻略サイトで合成方法を調べる。個人サイトが消えていく中、ゲームの攻略サイトもどんどん消滅している筈だ。本当に勿体ない。20分でダブルジャンプ、サブタンク、クイックチャージを作成する。パーツのほとんどは既に持っていた。ファイタルという敵が落とす素材だけがなかった。合成の組み合わせなど一体どうやって発見するのだろうか。総当たりか?エルフが全てのヒントを言うわけでもないだろう。わかるわけねえじゃんこんなの。
金を貯めて更にライフもアップさせた。これでかなりパワーアップした。とりあえずクリアするには十分か。

ロックマンゼロ4 5日目

+55分
クソステージは割とすんなりクリアできた。クラフトは爆発する攻撃の処理を迅速に行い、その直後の隙を狙って連続斬りをする事で何とか戦えた。それ以外の攻撃はほとんど避けられない。
クラフトが乗っていたラグナロクという兵器が地球に向けて落ち始める。「クラフトもバイルもいないのに誰が」とロール……じゃなくて誰だっけ。シエルが言っていた。バイルがいない?何故?クソステージが始まる前にクラフトとバイルが何かやりとりしていたと思うが、別にバイルは死んではいないだろう。乗っていなくても遠隔操作くらいできるはずだ。ストーリーを理解していない。子供向けの作品の。

残機0のまま次のステージに向かう。クリアしたミッションも選択できるようになっている。4カ所にある何かの装置を破壊するというステージで、残機0のまま進む意味がないように思えた。長い作業の末やられたら面倒臭い。そう思いながらもわざと死ぬ事なく進む。
即死するような罠もなく、作業を終えて元の場所に戻る。まさかこれで終わりかと期待したが、やはりボスが出現する。中ボスの延長線上のようなボスで、初見でも勝てた。

ステージ内容は覚えていない。残機0のまま進み、ボスで負ける。次で勝った。やはりクラフトが最大の難関だったようだ。このシリーズのボスはライフゲージが長すぎる。3つか4つ分ある。残量がわかりにくいからやめてもらいたい。ファイナルファイトやないねんから。

シエルのセリフから最終ステージらしい。またすぐボスとの再戦部屋があった。今回は弱点攻撃が一切使えない。実際は何種類か必殺技らしいものをボスから手に入れているが、3つくらいしかないし、弱点が含まれていたとしても全員には使えない。もっと少ないライフでも勝てたから何とかなるだろうと思えば、ボスは強化されていた。
強化されているというより、天候を変えて簡単にできたボスの部屋が、不利な状態から変えられなくなったという事なのかも知れない。穴のあるボスの部屋には風が吹き頻繁に落とされ、別の部屋では日向に一定時間出ているとダメージを受ける。部屋の8割くらいが日向に当たっている。これでは一切動けない。こんな状態でボスと戦えるわけがない。X5を思い出す。再戦するボスが無闇に強化されていた。8連戦である。強化する必要などない。
滅茶苦茶だ。弱点もなく、ゼロのパーツは一切増えていない。サイバーエルフのレベルを上げるには気の遠くなる作業が必要で、素材の合成システムも組み合わせが一切わからず、何一つ進んでいない。普通に進めていてこんな状態になるシステムはどうかしている。攻略サイトを見れば、既に持っている素材から色々なパーツを作れるだろうが、今更見るのも気が引ける。何故こんな不親切なシステムなのだろう。どうもおかしい。サイバーエルフが合成のヒントを与えて来るが、敵の外見や特徴で、素材は敵の名前だけで説明がない。サイバーエルフの言う素材がどれの事なのかなんかわからない。「3」にはキャラクター図鑑があったからともかく、今作にはない。このゲームは何かがちぐはぐだ。

Twitterでブロックしてもミュートしても検索結果に表示される

Twitterで同一内容を投稿するスパム、bot、RTの使い方がわかっていないのか、ニュースなどの記事を普通のツイートとして貼り付けるアカウント、単に不快なアカウントなどを片っ端からブロックしていたが、ブロックしたアカウントも、その内検索結果に表示されるようになった。更にミュートすると一時的には消えていた。当然である。検索の設定に「ブロックまたはミュートしているアカウントを除外」という項目があり、「ブロック、ミュートしているアカウントを検索結果から除外できます」と説明されているからだ。
ところが最近はもう、ブロックしてもミュートしても検索結果に表示されるようになった。全て出てくるわけではないのが尚更意味不明である。二重封印を施しても出て来るアカウントは、もはや手の打ちようがない。どうする事もできない。そのアカウントが同一内容を投稿するゴミのようなアカウントだった場合、あるワードの検索結果はそのアカウントの投稿で埋め尽くされる。しかしこの怪物を排除する事はできない。明らかなバグだ。Twitterには他にも不可解なバグが多い。検索した時に「話題のツイート」では表示されても「すべてのツイート」では何も表示されない。ブロック、ミュートをしていないアカウントすら検索に表示しない事がある。なお、とってつけたような「改善して欲しい」とか「どうしてこんないい加減なのか」といった文言は付け加えない。ただの報告だから。誰への?誰だろう。

ロックマンゼロ4 4日目

+35分
8ステージ目を程々の苦戦でクリアする。やはりボスの攻撃が一部絶対に避けられない。数々ロックマンのゲームをプレイしてきたが、「絶対に避けられない」という事はなかった。このゲームは完全に見切るまで避けられない攻撃が多すぎないか。
8ステージをクリアすると、また強制ミッションが始まった。またこのパターンか。なんで育成要素を作っておきながら、育成させない状況を作りたがんの?じゃあ最初からそんな要素作らないでくんない?しかも前回と違って、今回はステージすら殺す気満々だった。トゲが無数にある穴だらけのステージを、動く足場から動く足場へ飛び移らなければならない地獄のようなステージだった。しかも足場は上に立つだけではなく、ぶら下がる事もできる。立ったままでは死ぬ場面もあれば、ぶら下がったままでは死んでしまう場面もある。更に容赦なく敵の攻撃が飛んでくる。当たれば落ちるかトゲに当たって死ぬ。クソのようなステージだった。何回やり直してもちっとも前に進まない。
イライラの末にやっとボスに辿り着く。またクラフトだった。今回は本気らしく戦法が変わった。強くなったかどうかは微妙だが、弱体化したとも言えない。結果負ける。残機が0だったから、また最初からだ。1回突破したからといって、またすぐ突破できない。イライラの末電源を切る。足場同士の位置関係が毎回のプレイで違う。普通こういうのは同じなんじゃないのか?だからある時はすんなりジャンプできたのが、次のプレイ時にはできない事がある。ゲームのお約束を無視されているように感じる。とにかくイライラする。最近些細な場面でイライラし過ぎだが、このステージはイライラしていい。イライラするために作られたステージだ。

ロックマンゼロ4 3日目

+1時間5分
中間ステージ後半。ボスがまた強い。3から4で難易度が急激に上がっている。このシリーズはどうも、避け方が最後までわからない攻撃が多い。今までのロックマンシリーズでそんな経験がそれほどあっただろうか。完璧な避け方はわからずとも、毎回必ず食らうという事はなかったはずだ。だがこのゲームの場合、避けない攻撃は100%当たる。
3回ほどコンテニューして勝つ。ボスを倒してもすぐステージが終わらない。二体目のボスがいるのではないかと不安になったが、出る事なくステージが終わる。
ようやくステージセレクトが可能になる。40分ほどで3ステージクリアする。時間だけ見れば順調にクリアしたと言えるだろうが、それぞれで腹が立った。何故なのか。何時間も行き詰ったならまだしも、10分20分で腹を立ててどうする。不幸だ。初見の攻撃を避けられないのは当たり前だ。初見の仕掛けで死ぬのも当たり前だ。腹を立てるな。アンマーガネジメントをやれ。やり方は有料で女の人を呼び、電気あんまをしてもらいながらガネジメント!と叫ぶ。
ストーリー上でも雑魚扱いされている鶏のボスは、ゲーム上でも雑魚だった。元ネタがわからない軍人口調のボスは苛立たされた。攻撃すると「回避!」などと言って攻撃を避ける。避けるな。磁力を操る牛はかなり強引に倒した。やはり避けられない攻撃がある。ただこちらのセイバーによる連続攻撃もかなりダメージを与えられる。ダメージ覚悟でセイバーを振り回していたら勝てた。

ロックマンゼロ4 2日目

+1時間5分
ここまで腹が立ったのは「1」以来か、あるいはクワガタ兄弟以来か。あれは「2」か?8ステージはどこからでも好きに選べる。たまたま選んだに過ぎない荒野のステージが異常に難しかった。他は特に行き詰る事もなく、ボスさえ大した強さではなかった。それがいきなり25分くらいかかった。25分程度で腹を立てるのもおかしな話かも知れないが、イライラして仕方なかった。

直射日光に数秒間当たり続けるとダメージを受けるため、その前に日陰に行かなければならない。その時間がやたら短い。敵は普通に行動している。こちらの動きが制限されている中で敵に襲われるのである。イライラする。この手の仕掛けは他のゲームにもあるが、もう少しダメージを受けるまでの時間が長いはずだ。一瞬でダメージを受ける。基地の中に入って少し進むと中ボス戦になる。これもやたら強い。誇張でもなんでもなく、これまでの作品の最終ボスに匹敵するかそれ以上に強いと言っても良い。攻撃が避けにくい。狭い画面でやっていい攻撃の量ではない。
中ボスを越えられずに何度かゲームオーバーになる。中ボスを倒した後もまた同じようなエリアが続き、苦労してボスに辿り着いたかと思ったら、ボスの中にも日向エリアがあった。当然そんな条件で勝てるわけがなく、ゲームオーバーになった。また最初から面倒なステージを攻略しなければならない。
ステージの気温を下げるには、扉の奥にある装置を壊さなければならない。その扉は背景に溶け込んでいるから、気付かずにスルーしてしまう事も多い。ただでさえ数秒以内に日陰に隠れなければならない。おちおち探索などしていられない。意地の悪い構造だ。今まで攻略した3ステージなどほとんど記憶にもない。難易度を同じにする必要はないが、違いすぎる。ここは本家2でいうクイックマンステージだったのか?
3つか4つ装置を壊すと気温が平常に戻り、日向に行ってもダメージを受けなくなる。この状態でのボスは弱くもなくが強くもないバランスに戻り、程々の苦戦で勝った。

4ステージのクリアによって中間ステージが始まる。強制的にミッションが始まり、エルフの育成やパーツ作成は一切できない。念のためセーブの場所を変える。
テントなどに入って人間を助けるのだが、敵を倒すと人間が建物から脱出するイベントが始まる。その間ゼロは動けず、敵が落としたアイテムは人間がとろとろと動いている間に、時間経過で消滅してしまう。回復アイテムが取りたい状況でも必ず消える。なめてんのか?構造がおかしい。だったらアイテムが出ないようにしておけ。ボスを倒すタイミングによってはゼロが穴に落ちてしまうという作品もあった。詰めが甘い。
イベント進行中にアイテムが消えるという事は他のゲームにもままあるだろうが、更に致命的な事があった。入口の半分以上が炎でふさがれているテントがある。炎に触れずに入る事は可能だが、出た時に必ずその炎に当たってしまうのである。アホやん。プレイヤーの操作とは関係なく絶対ダメージを受けるって、構造として終わってる。今年の流行語になるよ。構造として終わってる。
イライラはそれだけでは留まらない。ボスは軍の幹部で、あろうことか本気の戦いだった。こういう時に幹部が出てくれば、様子見程度で終わるのがセオリーだ。こちらが負けるようになっているか、勝てるなら相手はあからさまに本気を出していないかのどちらかだ。ところが普通に最後まで戦うようだった。しかも全く弱くない。この場で決着が付くわけではないだろうが、普通に8大ボスを凌ぐであろう強さだ。前作までの幹部クラス、ルピスやオメガなどがウンコに思えるくらい強い。属性武器がないから弱点を攻撃するという事もできない。しかもゼロを強化する事は一切できない。今の状態のままでこのボスを倒さないと先には進めないわけだ。
何度もゲームオーバーになり、何度もボスと戦ったが、一向に勝てる気配が見えない。単純に強すぎる。意味がわからない。レーザーの避け方が全く分からない。「当たれ!」などと言いながら撃って来るが、心配しなくても百発百中だ。何時間プレイしてでも勝つまでやると息巻いてはみたものの、運が良くても勝てる差ではないと悟り、イライラしながら断念する。断念するという事はどういう事か?前のセーブデータに戻らなければならないという事だ。つまり荒野ステージもやり直す必要がある。そしてクリアすればまた強制ミッションであり、クリアするまで先には進めず、進めなければまた1ステージ前からやり直す事になる。
構造がおかしい。4ステージクリアして中間ステージが始まるのは良いとして、そのステージをここまで難しくする意味があるか?特殊武器が全く増えない、素材をいくら拾ってもレシピとやらが手に入らず全く新しいパーツが作れない、今までより金が溜まりづらく、エルフの育成が面倒臭い。不可解な仕様変更に苛立っているところにこの地獄だ。何だこのゲーム。システムこそ全く違うが、「1」の時のような理不尽さを感じる。いやあいつ雑魚じゃん?とか言う奴は、今すぐ田舎に帰れ。そして地元の不良をまとめあげて一大組織を結成し、東京のヤクザもんと戦って成り上がれ。雑魚じゃないし。絶対雑魚じゃない。あいつが雑魚ならみんな雑魚。お前もお前もお前もだ。
このゲームへの好感度は今非常に低い。後々高くなる可能性はあるが、今はとにかく低い。難易度が理不尽とは言えないが、システムや仕様で鬱陶しい事になっている。損をしている。中間ステージがやや難しい作品もないではなかったが、ここまでではない。繰り返すが強すぎる。名前すら知らない誰かが。

サイバーエルフの能力でライフが8アップとなる。少し前から4つアップしたに過ぎず、攻撃に一発余分に耐えられる程度の違いしかないが、再び面倒な荒野ステージをクリアする。
名前を調べた。クラフトだそうだ。4アップした程度ではやはり大して変わらない。あっという間に負ける。セイバーで戦っても無駄だからとバスターに切り替えてみるが、余計歯が立たない。ていうかマジで、これ、頭おかしいんじゃない?どういうバランス感覚をしているのか。実際、ゲーム開発者というのは何百時間あるいは何千時間と同じゲームの開発をしていると思われ、感覚が麻痺して頭がおかしくなっていると思う。
結局やり直しかと思いながらも戦い続ける。不可避のレーザーとダメージがでかすぎる刀身飛ばしが敗因の大半を占めている。それ以外の攻撃ではわずかな隙を見つけて少しずつ反撃するしかない。厄介な2種類の攻撃は、うまく回避できた場合にセイバーによる連続攻撃でそこそこダメージを与えられる。レーザーは不可避だが、位置によってはクラフト魔神の後方に飛ぶ事で避ける事はできる。それでは不可避じゃないかという話もあるが、不可避である。
運の良さもあり、ギリギリの競り合いの中勝った。二度と戦いたくない。恐らくもう一度勝とうとしても簡単には勝てないだろう。中間ステージはまだ終わらない。だが確実にこれ以上強いボスはいないと断言する。したい。この手の幹部との戦いは相手が本気になっていない場合が多いと書いたが、クラフトも本気を出していなかったそうである。どこがだ?完全に殺す気満々だったが?これほど実際と設定が剥離したセリフもない。どうせ本気出した時の方が弱いんだろ?