お絵描きセットを使い切る268

不明(不明)
f:id:Uuu:20200319233109j:plain:w500
漢字を平仮名にする事で差別を作り出す人達がいる。「生き物」を「いきもの」と表記する。「生き物表記を否定するわけではありませんが、個人的に苦手なので私は平仮名で書きます」と最初は言うのだろう。だがやがては「漢字で書く人はいきものを物扱いしている!」と、自分達の手で差別主義者を増やす事になる。ありもしない差別を創造し、争いの種を増やし、自分達こそが正義だと思い込む。命を「いのち」、暮らしを「くらし」などと、とにかく平仮名にさえすれば良いと考えている。それで何かを解決した気になっている。

最しゅう的には、全てをひらがなで書くことが望ましいとかんがえるようになる。極ろんにすぎない?いいや、現におおくのことばが平がなにされているではないか。言葉がりであり、文化はかいである。障害者は障がい者とかかれる。障もよくない意みなのだから、「しょうがい者」にすべき、いや者は物を連そうさせるから「しょうがいしゃ」とかくべきだというのは、わらい話ではなく、本とうにそうしゅちょうするものもいる。ことばそのものをかえるのはたいへんだから、とにかくひらがなにしておこうという、ぼうりょくてきでこそくなしゅだんには、しっしょうをきんじえない。