お絵描きセットを使い切る267

不明(不明)
f:id:Uuu:20200319233104j:plain:w500
「宇崎ちゃんは」「俺にだけウザい」「イジらないで」といったタイトルの漫画かライトノベルを見かける。タイトルとあらすじ程度しか知らないが、3作品に共通しているのは、主人公が年頃の異性にやたらちょっかい*1を掛けられるという内容である事だ。
主人公がモテる作品は古くから存在するが、言い寄られるのではなくちょっかい程度という点で、これらの作品は少し趣きが違う。「突然モテねえかな」という読者の願望を叶えているのだろう。ただ惚れられるのは非現実的だから、「もういっそ、からかわれるだけでもいいや」という妥協が感じられる。惚れられた場合は付き合う事になり、付き合うと色々と面倒な要素も増える。結婚しない限りはいつか破局する。モテたい事はモテたいが、ちゃんと女性とお付き合いしていく自信はない。それならば、その一歩手前の状態でずっと幸せを感じていたいという事なのではないか。

「こいつは俺の事が好きだから、こんなにちょっかいをかけてくるんじゃないのか?」と思いながらも、「いや、ただからかってるだけだ」という言い訳により、自分から告白する理由を排除している。そして基本的には相手任せで、ウザいとかやめてとか言いながらも、早く来い!イジって来い!と願っているのだ。そんな志の低い考え方だからモテないのではないか。中身は知らないが。あーあ、君付けでやたら馬鹿にして来る小学生とかいないかなー。

*1:デジタル大辞泉では『女性にたわむれに言い寄ること』と何故か性別限定だった。もしやと思ってナンパを調べてもそうだった。ナンセンスだ。限定すべきではない。