お絵描きセットを使い切る264

不明(不明)
f:id:Uuu:20200319233051j:plain:w500
最近のマスメディアは足で取材せず、SNSで検索して都合の良い投稿を貼り付けるだけのお気楽な仕事をしている。ネットに書き込まれたものは便所の落書きといってよい。誰に向けてのものでもない軽薄で無責任な投稿の文体は、見るだけで不快だ。ネット民というのは、だいたい関東の田舎もんみたいな文体で書き込む。「じゃないの?」「じゃん」「だわな」「でしょ?」。あーきも。キモリンピック。キモンズゲート。キモらキモ飾区キモ有キモ園前キモゅつ所。

カメラを前にした人間は、良くも悪くもカメラを意識する。さすがに視聴者に対してという事はないにしても、少なくともインタビュアーや取材陣に対し、恥ずかしくないような所作振る舞いを心掛ける。その点で嘘を言う可能性もあるわけである。ネットの場合も他人への意識はあるだろうが、実際に取材を受けるより本音は出やすい。そういう意味では、マスメディアが下手に取材するより生の声が得やすいだろう。だが他人をほぼ意識しない生の声というのは醜いものである。とにかくネット口調、ネット文体が嫌い。てめーもだろという声が聞こえてきそうだが、自分の口調が嫌いじゃないと言った覚えはない。砕けた文章の書き方は学校では教えられない。他人の書き方に影響を受けながらも、基本的には自己流である。だからたとえば句読点を2つ以上並べて書くような、作法を無視した不気味な文章が発生する事になる。